筒井康隆氏についての…

筒井康隆さんについての情報を中心としたブログです

恩賜賞・日本芸術院賞作品展

恩賜賞・日本芸術院賞作品展 2022.6.22~2022.6.28 10:00-17:00 日本芸術院会館展示室(上野恩賜公園内) 展観作品(予定) 牛窪梧十(書)「陸游詩」令和三年第八回日展出品作 筒井康隆(小説)単行本・写真・原稿 大窪永夫(雅楽)面・装束・篳篥・楽譜・…

『残像に口紅を』復刻版

『残像に口紅を』復刻版 2022.7.20予定 中央公論新社 https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784120055522 「袋とじ」ごと復刻とのこと。わくわくします。

今子青佳書道展「筒井康隆『残像に口紅を』」

今子青佳書道展「筒井康隆『残像に口紅を』」 2022.5.13~2022.6.5(11:00-18:00 土曜日休館。日曜日は17:00まで) 光村グラフィック・ギャラリー(東京都品川区大崎) 協力/中央公論新社 昨日、今子青佳書道展「筒井康隆『残像に口紅を』」行ってきました。…

今子青佳書道展ー筒井康隆『残像に口紅を』ふたたび

今子青佳書道展ー筒井康隆『残像に口紅を』 2022.5.13~2022.6.5 光村グラフィックギャラリー(品川区大崎 土曜休)11:00-18:00(日曜11:00-17:00) https://www.mitsumura.co.jp/info/year2022/info20220428/ コロナ禍で延期となっていた、今子青佳さんによ…

日本芸術院賞 恩賜賞

日本芸術院賞 恩賜賞 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220324/amp/k10013550201000.html 今年度の日本芸術院賞・恩賜賞を受賞されました。おめでとうございます。とてもとてもとても嬉しいです。

『誰にもわかるハイデガー』文庫化

『誰にもわかるハイデガー 文学部唯野教授・最終講義』 初版発行/2022.3.20 発行/河出書房新社(河出文庫 つ1-6) B6判 並製本 155頁 カバー 帯(赤) 定価/690円+税 カバーデザイン/鈴木成一デザイン室 カバーイラスト/サイトウユウスケ カバーフォー…

「波」3月号

「読者を首肯させる力」 <波>2022.3 https://www.shinchosha.co.jp/book/325626/#b_review 川上未映子さんの新刊『春のこわいもの』評。筒井さんご自身、先頃まで入院されていたとあり、胸が痛くなりました。

「文藝春秋」にインタビュー記事

「「美女」は消えますか?」 <文藝春秋>2022.2 p300-p307 「三十年前の「予言」どおりに」「小説は書かれた時代の表現」「死ぬまで追いつめてはならない」「表現者は反論してほしい」「大多数は気楽な「いいね」」「もう長編も短編も書かない」「表現の自…

『人類よさらば』発売♪

『人類よさらば』 初版発行/2022.1.20 刊/河出書房新社(河出文庫 つ 1-5) 短篇(37篇)集 編集/日下三蔵 B6判 並製本 313頁 カバー 帯(ピンク) 定価/本体 740円+税 カバーデザイン/坂野公一+吉田友美(welle design)カバーイラスト/真鍋博(小笠…

「新潮」2月号に新作短篇「プレイバック」掲載

「プレイバック」 <新潮>2022.2 p7-p15 夢のような作品でした。ありがとうございます。

本年もよろしくお願いいたします

実家に二年ぶりに帰っています。 本年もよろしくお願いいたします。 こちらは、小学生の頃、姉から譲り受けた、初めて読んだ『時をかける少女』。

筒井康隆氏についての…2021

本年も残すところあとわずかとなりました。 日常は戻りつつあるように思えますが、それはかつてあった日常とは異なることもまたわかっていて、それが心の底にずっと澱のように溜まり続けています。それでも今年は「波」での掌篇小説館連載に加え、各誌への短…

『現代語裏辞典』重版出来

『現代語裏辞典』(文春文庫)新帯 2021.12.20 2刷に新帯がかけられた 帯惹句/ベストセラーにして超ロングセラー。日本語がひっくり返って笑い出す、一家に一冊の「読む辞典」 テレビで話題沸騰! 裏面=本文より「辞典」の項の引用+驚異の12,000項目! あ…

2021年11・12月まとめ

2021年11・12月まとめ アンソロジー 『SF漫画傑作選』福井健太/編 創元SF文庫 2021.11.29 <収録作品>「急流」 『小説の惑星 オーシャンラズベリー編』伊坂幸太郎/編 ちくま文庫 2021.12.10 <収録作品>「最後の伝令」 小説 「コロナ追分」<群像>2…

『人類よさらば』書影公開

イラストレーションは真鍋博さん。河出文庫、1/7発売予定です♪

「夢の検閲官」映像化

『Le Censeur des Rêves』(「夢の検閲官」映像化) 2021 仏 18分 監督/Raphaël Rodriguez, Léo Berne 出演/Damien Bonnard(検閲官),Yoko Higashi,Sylvain Katan,Alexis Rodney 「夢の検閲官」、フランスでの映像化が完成。18分のショートフィルムのよう…

「小説野性時代」に山田風太郎賞選評

「正道の強み」 <小説野性時代>2021.冬号 2021.12.8 p20-p21 第12回山田風太郎賞選評。受賞作は『黒牢城』米澤穂信 KADOKAWA/刊。 オンライン選考会の各選考委員写真あり。

「文學界」1月号に「文士と夜警」掲載

「文士と夜警」 <文學界>2022.1 p72-p76 筒井さんの作品でのこの一人称表記(漢字の)も新しく、思い出すに恐ろしいあの■■■との再会、美味しそうな料理の数々、懐かしくて愉しい短篇でした。ラストの邂逅、心に沁みます。

筒井康隆掌篇小説館 12

「横恋慕」 <波>2021.12 p2-p5 絵/100%ORANGE 筒井康隆掌篇小説館、掉尾を飾る、哀しくも可笑しい一篇です。一年間楽しませていただきました。ありがとうございました。

『SFマンガ傑作選』に「急流」収録

『SFマンガ傑作選』 2021.11.30 福井健太/編 創元SF文庫 <収録作品>「急流」(p103-p113) 1970年代の作品を中心にSFマンガの傑作を集めたアンソロジー。SFマンガ史を俯瞰する、編者の詳細な解説付(小松實『怪人スケレトン博士』まで言及されて…

Newsweek 日本版 サイト記事内にコメント

「 シリーズ日本再発見 働かせ過ぎる日本の会社に、2つの提案がある 」 ニューズウィーク日本版サイト 2021.11.22 高野智宏氏による記事内にコメント https://www.newsweekjapan.jp/nippon/season2/2021/11/357873_1.php

アンソロジー最近のまとめ

『パンデミック日記』 2021.6.25 「新潮」編集部/編 新潮社 <収録作品>「筒井康隆(小説家)」(2021.1.1-1.7までの日記)p7-p9 『作家と酒』 2021.9.22 平凡社編集部/編 <収録作品>「星新一のサービス酒」p246-p249 『サンタクロースの贈物 クリスマ…

2021年7~10月まとめ

2021年7~10月まとめ 著作 『活劇映画と家族』講談社現代新書 2021.7.20 『あるいは酒でいっぱいの海』河出文庫 2021.8.20 『東海道戦争』(復刊)ハヤカワJA文庫 2021.10.15 アンソロジー 『作家と酒』平凡社 2021.9.22 <収録作品>「星新一のサービス酒」…

筒井康隆掌篇小説館 11

「塩昆布まだか」 <波>2021.11 p2-p5 画/100%ORANGE いやあ笑いました。楽しい。なお「筒井康隆掌篇小説館」は次回で最終回とのことです。残念。

「婦人公論」にインタビュー掲載

「なにがあろうとも、僕は長く生きようと決めている」 <婦人公論>2021.11.9 p24-p27 構成/丸山あかね 特集「「明るい老後」と「クヨクヨ老後」」内でのインタビュー記事。

ハヤカワ文庫JA版『東海道戦争』復刊

『東海道戦争』(復刊) 2021.10.15 11刷 ハヤカワ文庫164 JA14 ツ-6-1 並製本 A6判 カバー/帯(黒)336頁 カバーイラスト/真鍋博 カバーデザイン/岩郷重力+Y.S 定価/980円+税 ISBN 978-4-15-030014-2 C0193 帯惹句/ハヤカワ文庫JA1500番到達記念 復刊…

「月刊神戸っ子」にインタビュー

「物語が始まる vol.12 作家 筒井康隆さん “SFの巨匠”が伝える現代への警鐘」 <KOBECCO(月刊神戸っ子)>2021.10 メール取材/戸津井康之 撮影/森清 『活劇映画と家族』、『ジャックポット』、そして今後についての、メールインタビュー。

「中央公論」に谷崎潤一郎賞選評

「作者自身を追いつめることができる文章」 <中央公論>2021.11 p140 第57回 谷崎潤一郎賞 選評 受賞作は金原ひとみ『アンソーシャル ディスタンス』新潮社・刊。 筒井さんはご自身の境遇と金原さんとの共通点をいくつも感じ、『蛇にピアス』から注目されて…

ここはコロナの別れ道。

「コロナ追分」 <群像>2021.11 p6-p10 ものすごいライヴ感。「ジャックポット」に連なる傑作です。

10/26発売の「婦人公論」にインタビュー掲載

筒井康隆、「あ」が消える小説『残像に口紅を』がTikTokで再ブレイク。87歳「すべて出し切った」と言える幸せ <婦人公論.jp>2021.9.29 https://fujinkoron.jp/articles/-/4544?display=full 10/26発売の「婦人公論」11/9号に上記を含めたロングインタビュ…