筒井康隆氏についての…

筒井康隆さんについての情報を中心としたブログです

2019年9月以降の予定

眉村卓さん死去

「偽文士日碌」

 眉村卓さんの死去、悲しく寂しいです。『傾いた地平線』『夕焼けの回転木馬』『ねじれた町』『不定エスパー』『引き潮のとき』「通りすぎた奴」……、大好きでした。「司政官」シリーズで悩みながらも前に進もうとする主人公たちにどれだけ救われたか知れません。神戸文学館の眉村さんの講演会、「関西SFのつどい」で筒井さんと初めて会い、小松さんとともに三人でNULL STUDIOで楽しく過ごしたことを聞いたこと、忘れられません。ご冥福をお祈りします。

「SF草創記の盟友で戦友」

 眉村卓さんの訃報記事(大阪版)に「作家仲間の筒井康隆さんの話」が掲載。

「SF作家・小松左京の秘密に迫る」

 小松左京展記事中に、豊田有恒さんとの対談の一部が紹介。

『老人の美学』連動フェア

『老人の美学』連動フェア

 『老人の美学』刊行ともに本文内で触れられている文庫3点が復刊。

  • 『敵』

f:id:flow2005:20191020222346j:plain

    • 2019.10.10 3刷改版に特製帯がかけられた
    • 帯惹句/「老人の美学」を教えよう! 老いゆく生活の「美」とは。極北の老人文学。
  • 『愛のひだりがわ』

f:id:flow2005:20191020222354j:plain

    • 2019.10.10 5刷に特製帯がかけられた
    • 帯惹句/「老人の美学」を教えよう! 少女を救うご隠居の「知恵」。勇気と希望のロードノヴェル。
  • 『銀齢の果て』

f:id:flow2005:20191020222402j:plain

    • 2019.10.10 4刷に特製帯がかけられた
    • 帯惹句/老人であることは「悪」なのか。衝撃のシルバー・バトルロワイヤル!

「偽文士日碌」更新

「偽文士日碌」

 『老人の美学』署名本、先日行われた書店大商談会の新潮社ブースでの特典として受注を受け付けていたので、各地で展開されそうです。書店さんに行かれる際は是非チェックを。